株式会社菊池ハイテクサプライ

株式会社菊池製作所

トップ > 商品一覧 > サドル付歩行支援器

サドル付歩行支援器 AR-5

介護の現場の声から生まれたサドル付歩行器です。

杖だけでは心もとない。車椅子はまだ不要。そんな方へ

健康寿命の延伸には、身体活動量の増加が効果的です。そして、身体活動量の増加を実現させる具体的手段として、厚生労働省は「歩行」を挙げています。
だから歩こう。AR-5は、すべての人の健康を促進する新しい歩行器です。

日常生活の補助(ベッド、トイレからの移乗)

多くの方が、 誰かに依存しすぎない生活を望んでいます。




AR-5はブレーキを掛けた状態でベッドから安全に移乗できます。またトイレでは便座の前まで行き、後方へそのまま腰をずらせば便座に座ることができます。介助者の手をほとんど借りることなく自分でトイレに行くことが可能になります。

認知症予防

公益財団法人認知症予防財団は「認知症予防10か条」の中で以下のように謳っています

「歩こうよ 手足動かし 脳刺激」

歩く事は能の神経細胞を活性化させ、認知症予防に期待ができます。

身体能力の維持向上

座ったままの歩くを実現。しかも、正しく「歩く」から、「歩く」効果の最大化を支援。

立てないから歩けない、とは限りません。少しでも足が動くなら、座ったままでも歩行は可能です。しかも「かかとから着地して、母子球(親指の付け根)に荷重移動し、指先で地面を蹴る」という正しい歩行が自然と身につく歩行器だから、「歩く」効果を最大化します。また無理なく大腿筋を鍛えることができるので、大腿骨骨折の予防も期待できます。(大腿骨の骨折は寝たきりになってしまう可能性が高く、各関連施設が注意を呼びかけています。)

リハビリテーション

大きな楕円形のハンドルに体を預けて休むこともでき、無理なく身体活動に取り組むことができます。

AR-5は構造的に倒れにくく、サドルに腰掛けたまま自分の足で移動する四輪型歩行器です。そのため、長期免荷の必要な患者にも早期からの歩行訓練が可能です。また、歩行困難な方が気軽に自由な歩行を取り戻すことは、外出意欲や行動範囲を拡大します。結果、リハビリに前向きな気持ちで取り組めるようになります。

販売商品

株式会社菊池ハイテクサプライが取り扱っている商品です。

関連会社

ページのトップへ戻る